買い物

アルテックスツール60とIKEAを比較【レビュー】やっぱり本物がおすすめ

Happy lifeのYama(@Yama_blog)です。
我が家には、スツールが何脚かあります。



デザインはほぼ同じ。アルテックスツール60とIKEA FROSTAスツールの比較とレビューになります。

アルテック(Artek) スツール60

アルテック(Artek) スツール60
デザイナー: アルヴァ・アアルト
アルヴァ・アアルトが1933年にデザインした「スツール 60」はアルテックを象徴するデザイン。
フィンランドバーチ材を直角に曲げる技術「L - レッグ」を応用。座面下のL字型の脚が特徴となります。
・3本脚:26,400円〜
・4本脚:38,000円〜

サイズ:全体:直径380×高さ440mm
座面径:直径350mm

80年以上にわたり愛されるデザインとなります。

こんな風にスタッキングができる、シンプルなデザインで人気です。
座面のカラーバリエーションも豊富で1脚だけでなく何脚もコレクションしたくなります。

こんなビタミンカラーも明るくて素敵です。
scopeさんでは別注カラーもあり、毎回気になる色が登場します。

IKEA FROSTA

IKEA FROSTA

IKEA FROSTAは既に廃盤となっています。

IKEA FROSTA
・素材:バーチ材突き板、透明アクリルラッカー

・サイズ:直径350mm 高さ450mm 幅420mm

最大荷重:100kg

価格:不明 後継のデザインが1,499円となってますので1,500円以内と思われます

IKEAのスツールはアルテックスツール60のリプロダクトタイプ。

同じようなデザインのスツールは他にも見かけます。
こちらは、ニトリ。ほぼ同じようなデザインです。

 

アルテックスツール60とIKEAスツールの比較

我が家のスツール60とIKEAのスツールを比較してみました。

左側:アルテックスツール60
右側:IKEA FROATA スツール

アルテックスツール60

アルテックスツール60はscopeさんの2019年フレンドシップ コレクション スツール 60 ウスタヴァ

3本脚のデザインが本当に素敵です。

アルテックスツール60

スツール60とIKEAを比較。色味はほとんど変わりません。

比較
高さはIKEAの方が高い
・脚の太さはスツール60。安定感がある

・座面の厚さはスツール60の方が厚みがある
・デザイン性でも3本脚のスツール60が絵になる
・価格はスツール60が高い
(フレンドシップコレクションで15倍。通常のデザインで20倍)

価格だけの比較では、IKEA>アルテック ですが、価格以外の

デザイン性、長く使用すること を考えると

アルテック>IKEAになります。

スタッキングした時のデザインもスツール60が断然カッコいいです。

IKEAは4本脚ですが、脚の木が細いので、少しグラグラします。(作りの問題かもしれません)

わが家では、IKEAは部屋の隅のサイドテーブルとして、スツール60はキッチン、リビングと毎日持ち運んで使っています。

まとめ

アルテックスツール60と他のスツールと迷っている人には、全力でスツール60をお勧めします。

スツール60おすすめポイント

  • 80年以上変わらないデザイン
  • 3本脚のすっきりとしたデザイン
  • ビンテージとして長く使える
  • スタッキングした姿も美しい


これから20年、30年使い続けられるスツールと考えると決して高い買い物ではないです。

我が家では、

  • キッチンで料理中の休憩に
  • ソファの横にサイドテーブルとして
  • キャンプ用チェアと合わせて、パソコンテーブルとして

1日に何度も移動させて使っています。使わない日がないくらい活用しています。

注意ポイント

  • より安定感を求めたい場合は4本脚をおすすめします。

scopeさんのサイトが本当に素晴らしく、アルテックのスツール60についても熱く語られています。

これを読むとリノリウム別注が欲しくなります。

フレンドシップ コレクション スツール 60 ウスタヴァ

スツール60定番モデル

リノリウム別注

安定感は4本脚ですが、ここは是非デザインの3本脚をおすすめします。

バーチ材の色が年数とともに色が濃くなっていくんです。そんな色の変化も楽しめますよ。

楽天市場で見る

-買い物

© 2021 Yama