Travel

気軽にリフレッシュ!ヒルトン東京【宿泊記】2021年

Happy lifeのYama(@Yama_blog)です。

気分転換をしたくなり、思い立って、ヒルトン東京に当日予約で宿泊してきました。ヒルトン東京宿泊記です。

ヒルトンは沖縄とクアラルンプールのみ。東京は初滞在です。

 

旅のメンバーとヒルトンステイタス

旅のメンバーはいつもの2人。

メンバー

Yama:ブログ書くのが最優先。旅行の代わりにホテルに滞在したい

りー(娘):母について来ているが習い事は普通にある。ちなみにチェックアウト日も朝からテスト。

ヒルトンは、2019年のSFC修行で沖縄やマレーシアでの滞在用にHilton Hornorsのメンバーに。

参考SFC修行を振り返る 2019

続きを見る

ヒルトンのホテル会員のステータスはこちら。

会員登録は無料。メンバー、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4つのカテゴリーになっています。

Yamaのカテゴリーは「ゴールド」になります。2021年に登場したヒルトン・オナーズ アメリカン・エクスプレス・カード保持で自動的にゴールドステータスになっています。

簡単にまとめると下記となります。

よく比較される、Mariotto Bonvoyはゴールドは朝食が無料となりませんが、ヒルトンはゴールドステータスで朝食無料となります。

 メンバーシルバーゴールドダイヤモンド
宿泊ポイント+20%+80%+100%
WiFiスタンダードスタンダードスタンダードプレミアム
アップグレード××エグゼクティブまで1ベッドルームスイートまで
朝食××無料無料
ラウンジアクセス×××
レイトチェックアウト

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エクスプレス・カードの特徴はこちら。

  • 年会費:16,500円(税込)
  • ヒルトン・オナーズゴールドステータス:朝食無料、アップグレード、ポイント80%プラス
  • 継続ボーナス:ウィークエンド宿泊特典※1年間合計150万円以上の実績
  • ホテル内での利用:100円=3ポイント
  • 日常の買い物:100円=2ポイント
  • Wifi:無料

ホテルによりますが、朝食が3,000-5,000円程度となっていますので、大人2人で2回宿泊で、およそ年会費分で賄える計算となります。

ホテルの朝食付プランにするとお値段も高くなるので、こちらのカードを発行しました。アップグレードはその時の空き状況ですが、Wifiも無料になりありがたかったです。ホテルによりますが、チェックイン時の優先レーンや朝食時のレストランも優先的に入場できる場合もありました。

注意ポイント

直接予約時の特典となります。OTA(楽天トラベルなど)では対象外となりますのでご注意ください。

 

ヒルトン東京について

住所〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-2
TEL: 03-3344-5111 FAX:03-3342-6094
最寄駅新宿駅徒歩10分。西新宿駅徒歩2分、大江戸線豊馬駅駅徒歩4分
開業1963年6月(現在地で1984年9月1日)
部屋数825 室 地下4階 - 地上38階

JR新宿駅からひたすら都庁方面に。地下鉄丸の内線がわかりやすくて近かったです。

ホテル外観、ロビー

チェックインは、習い事終わりからの17:00過ぎの土曜日。数名並んでいましたが、すぐにチェックインできました。

特に会員向けのチェックイン窓口はありませんでした。

全体的に広くてフロントまでのスペースがゆったり。最近のホテルではこの空間使いは難しそうなので、昔からあるホテルの方が贅沢な作りが多いですね。

大きくて写真に入りませんでした(汗)

 

入り口入ったところ。奥がフロント

入り口入って左奥がフロント。右奥がマーブルラウンジ。朝食会場です。

営業時間後なので何もありませんが、ショコラブティック/ショコラショップ。

 

客室内

当日予約した部屋は、「Queen Hilton」でしたが、当日「Twin Premium」にアップグレードいただきまして、エグゼクティブラウンジアクセスもいただきました。

エレベーターホールも広く、エレベーターから通路もゆったりとしています。

多くのホテルで清掃後シールを貼ってあり、入室するまで封印されてます。

シングルベッド2台のツインタイプでした。

洗面所とトイレは一緒。アメニティは他ヒルトンと同じでした。

こちらは、お風呂から外が見える。ビューバスです。実際には、閉めてお風呂に入りました。

このタイプの部屋が初めてで、テンション上がりました!

入って左手にテレビとデスク。この机でワーケーションも可能です。

ペットボトルの水は無料。お茶パックとスティックコーヒー。

冷蔵庫は入ってませんでした。今の時期、入っていないホテルが多いです。

カーテンではなく、和室のテイストでスッキリした印象でした。

ホテルの部屋からの眺め。前が公園なので、見晴らしがよかったです。

エグゼクティブラウンジ

ラウンジアクセスをいただいたので、ラウンジにも訪問。子ども不可のラウンジもありますが、こちらは子どももOK。家族づれの方も多かったです。

ソフトドリンク、アルコールと暖かい料理と前菜を自分でとるスタイルでした。

トマトのペンネとカレー、チップスなど。土曜日でしたが、待つことなく入れました。

朝食

今回、朝食なし、ラウンジアクセスなしのプランで予約しましたが、ヒルトン・オナーズ・ゴールド特典でアップグレードいただき、ラウンジアクセスをつけていただきました。

チェックアウトは7:00だったので、朝食はレストランでは食べられない、と伝えたところ持ち帰り用に朝食パックを用意してくださいました。フロントにピックアップ時間を伝え、朝ピックアップしました。

いただいたのはパイナップルジュース。バナナとパンとマフィンでした。

以前、ヒルトンクアラルンプールに泊まった時も、朝4時出発でフロントで朝食を用意してくれて嬉しかったのですが、今回も用意いただけて本当にありがたかったです。おかげてチェックアウト前に部屋で食べることができました。

娘はバナナとマフィンを喜んで食べていました!

宿泊を終えて

今回は、当日思い立っての予約だったのですが、夕飯で楽しみにしてた「Ya Kun Kaya Toast」にも行くことができ、大満足の宿泊でした。

かかった費用

HPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)からの予約

  • ツインルーム:15,750円 税サ込:19,578円

宿泊後アンケートに回答したところ、丁寧なお返事をいただきました。
通常通りのサービスができず申し訳ありません、というものでした。

こちらこそ、ありがとうございます、という気持ちです。ホテルの方のご苦労を感じたメールとなりました。

今回はお部屋のアップグレードも嬉しかったですが、このいただいたメールに感動しました。できる範囲でとなりますが、気をつけながら、ホテルステイも続けたいと思います。

ヒルトン系列に宿泊されるなら、ヒルトンアメックスカードおすすめです。

新宿ステイなら近くのハイアットリージェンシー東京も。

こちらもCHECK

ハイアットリージェンシー東京【宿泊記】

続きを見る

こちらもCHECK

【東京でシンガポールが味わえる!】Ya Kun Kaya Toast(ヤクンカヤトースト)

続きを見る

 

-Travel

© 2021 Yama